健康経営

1.健康経営宣言

三井不動産レジデンシャルでは、「すまいとくらしの未来へ」をコーポレートステートメントとして掲げ、安全・安心なすまいとくらしを創造し、お客様の豊かなくらしにつながる多彩な商品やサービスを提供することが、私たちの使命であると考えています。そのような商品やサービスを生み出すためには、従業員が健康でいきいきと働くことが必要であると考え、従業員の健康保持・増進に向けた取り組みを推進しています。

社長からのメッセージ

当社では、多様な価値観を持つ様々な世代の従業員一人ひとりが「想い」「志」「情熱」を胸に、まず健康であることを大切に、安心や幸せを感じて生き生きと活躍することのできる環境を提供し続けていきたい、という想いから健康経営に取り組んでいます。これまで、従業員が日々最大限の力を発揮しつづけることができるよう、様々なコミュニケーションを通じた心身の健康状態の把握や、ヘルスリテラシー向上の取り組みを進めてきました。
当社の一番の財産である従業員とともに、今後の基礎となる健康に対する更なる意識の深化に取り組み、社会情勢の変化が目まぐるしい時代の中でも、従業員一人ひとりの多様性を活かしながら健康で長く活躍できる職場環境に進化すべく、健康経営を推進してまいります。

代表取締役社長 嘉村 徹

2.取組体制

代表取締役社長を健康経営の最高責任者、人事担当役員と就業環境委員会委員長を副責任者とし、従業員の健康維持・増進を担うために専門組織「衛生委員会」および「健康相談室」を設置し、各部門における推進責任者である部支店長と、人事部・産業医・保健師が連携して、従業員の心身の健康や職場環境の向上に努めています。

3.取組の全体像

健康経営宣言に基づき、身体と心の両方が健康であるために以下の施策に取り組み、最終目標達成を目指しています。

※プレゼンティーズム・・・出勤はしているものの、健康上の問題によって完全な業務パフォーマンスが出せない状況

4.健康課題改善のための定量目標、成果指標

定期健康診断・人間ドックの受診率100%を目標としています。

健康診断・人間ドックの受診率と目標
2018 年度
100%
2019 年度
100%
2020 年度
100%
2021 年度目標
100%
ストレスチェックの受検率
2018 年度
83.4%
2019 年度
84.9%
2020 年度
92.8%

注)健康診断・人間ドック受診率は、常時使用する従業員数のうち健康診断もしくは人間ドックを受診した人数の割合です。
常時使用する従業員数は、年度末日に在籍している正社員及び常時使用する非正社員の人数からやむを得ず受診できなかった人数(海外赴任、育児休業・傷病等による休業等の人数)を除きます。

特定保健指導実施率
10.2%
1ヶ月あたりの平均残業時間
14.4時間
年次有給休暇取得率
72%
喫煙率
24%
プレゼンティーズム
84%
ストレスチェックの
総合健康リスク指数
80
ワーク・エンゲージメント
3.99

注)特定保健指導実施率は、2019年度の健診結果に基づき選定された特定保健指導対象者数を分母、2018年度実施者数を分子として算出しています。
平均残業時間は、年間法定外労働および法定休日労働の合計を、12ヶ月・対象社員数で割ったものです。管理監督者、短時間労働者を除きます。2021年8月時点公表。
年次有給休暇取得率は、正社員、専門社員、契約社員、アルバイトが対象です。 2020年9月時点公表。喫煙率は、2020年度ストレスチェック結果より算出しています。 プレゼンティーズムはヒューマネージ社のデータベースから導き出された「仕事の実績、質、量」に関する活性度(生産性)を2020年度ストレスチェック結果から算出した指数です。総合健康リスク指数は2020年度ストレスチェック結果から算出した指数です。
ワークエンゲージメントは、2020年度の当社社内調査(5段階評価)において、対象の7項目の平均を表示した数値です。

5.健康経営推進における主な取り組み

①社員の健康保持・増進

  • ・リフレッシュルームの設置
  • ・定期健康診断
  • ・健康相談室の設置・従業員へのサポート(保健師常駐、産業医の定期来室)
  • ・定期健康診断に基づく保健士、産業医による健康相談
  • ・人間ドック休暇付与
  • ・再検査費用一部補助
  • ・婦人科検診補助
  • ・ストレスチェック
  • ・全社員との個別面談
  • ・休業からの復帰、両立支援
  • ・ザ・コーポレートゲームズ東京アジアパシフィックの開催 ※
  • ・感染症対策(インフルエンザ予防接種補助、
    感染症に関する研修、新型コロナウイルス対策)
  • ・禁煙デーの設置
  • ・各種研修の実施(女性特有の健康課題(参加率100%)、健康診断の重要性)
  • ・禁煙外来の費用補助
  • ・課題抽出と効果測定(ストレスチェック)
  • ・費用補助(カフェテリアプラン)
  • ・クラブ活動
  • マギーズ東京との連携
  • ・健康増進アプリの活用(運動推奨、コミュニケーション活性化、
    食生活・各健康課題や世代ごとの健康維持に関するセミナー、
    利用傾向の把握と健康維持増進の効果測定)

②働き方改革 ・労働時間・休暇取得

  • ・経営トップからの定期的なメッセージ発信
  • ・組織長を対象とした労働管理、心身の健康管理に関する研修の定期実施
  • ・ノー残業デーの設定(毎週)
  • ・PC利用時間制御システムの活用

③オフィス環境整備

  • ・フリーアドレス
    –コミュニケーション活性化
  • ・内部階段の設置
    –運動機会の創出
  • ・リフレッシュルーム
  • ・環境音やBGMの導入、アロマ連動や植栽の導入
    –メリハリある働き方による生産性向上や健康維持
  • ・温度・湿度
  • ・社員位置情報システム
    –業務効率性向上と社内の混雑状況把握による感染症予防

④社会への貢献

  • ・ザ・コーポレートゲームズ東京アジアパシフィック開催
  • ・マギーズ東京誘致

※ザ・コーポレートゲームズ東京アジアパシフィックとは

当社と一般社団法人スポーツフォーライフジャパン社によって主催している、誰もが参加できる国際的スポーツフェスティバルです。
2014年~2019年まで6年連続で開催しており、企業の健康経営の課題解消や、コミュニケーション活性化による組織形成等に寄与することをVisionに掲げています。

Vision①▶︎ ESGへの取り組み:地域・企業・団体、あらゆる人々の健康増進を目指します。
Vision②▶︎ ダイバーシティ推進:障害の有無に関わらずだれもが楽しめる場をつくり、ダイバーシティ推進を目指します。
Vision③▶︎ スポーツを通じたSDGsの取り組み大会における様々な施策による、社会問題の解決に取り組みます。

当社では、ザ・コーポレートゲームズ東京アジアパシフィックへの参加を通じて、従業員の健康増進による活力向上と、コミュニケーションの活性化による働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

6.新型コロナウイルス感染症に対する取り組み

顧客への取り組み

  • ・営業拠点における完全予約制や離隔距離確保(2m)による三密対策の実施
  • ・除菌消毒の徹底(机、モデルルーム全般)、卓上のアクリルパーテーション設置、換気の徹底

当社従業員に対する感染症拡大防止の取り組み

  • ・在宅勤務の徹底、テレワークの推進、時差通勤の実施
  • ・出勤社員の座席間距離(2m)の確保、執務室・会議室へのアクリルパネル導入
  • ・毎日の検温実施、発熱状況の管理
  • ・行動履歴の記録

社外からの認定について

経済産業省が推進する「健康経営優良法人認定制度※」の趣旨に賛同し、従業員の健康保持・増進へ取り組んでいます。2022年度は各種取り組みが評価され、健康経営に優れた企業として「健康経営優良法人2022(ホワイト500)※」に初めて認定されました。
※健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。大規模法人部門認定法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人が「ホワイト500」として認定されます。

ページの先頭に戻るPAGE TOP