ごあいさつ

代表取締役社長 嘉村 徹

三井不動産レジデンシャルは、三井不動産の「すまいづくり」や「街づくり」の精神を受け継ぎ、今日の新築分譲住宅事業のスタンダードを築いてきた、すまいに関わる事業会社です。三井不動産グループの総合力を有しながら、製販管一体のバリューチェーンを持つビジネスモデルが大きな強みであり、お客様のニーズを用地取得や商品企画のみならず、ご入居後の提供サービスなどにもスピーディーに反映することで、選ばれるすまいを提供し続けております。

社会は、デジタルトランスフォーメーションの進展、グローバル化や女性の社会進出の加速、働き方改革の推進、新型コロナウイルス感染症への対策をきっかけとした新たな生活様式への変化などにより、ライフスタイルの多様化が進んでおります。また、同時に少子高齢化の進行によって本格的な人口減少を迎えようとしています。このような環境の中、当社はブランドコンセプトとして掲げた「Life-styling×経年優化」の下、お客様の多様なライフステージに応え続け、時の深まりとともに潤うすまいとくらしを提供していくことを使命に事業を行っております。

この使命のもと、これまで主力事業であった新築分譲住宅事業に加え、賃貸住宅や学生寮などの賃貸住宅事業、シニアレジデンス事業を拡大させてまいりましたが、新たな将来の中核事業のひとつに成長させることを目指し、2021年4月よりマンション再生推進部を組織いたしました。これは、高経年マンションのご所有者・ご入居者が求める多様なライフスタイルの実現に向けて、修繕・改修・建替等の最適なソリューションを当社グループの専門的ノウハウに基づき提供していくための取組となります。建替・敷地売却への対応はもちろんのこと、修繕・改修・リノベーションなど「再生」全般にわたる事業領域を担ってまいります。

さらに、アフターコロナを見据えた新しい生活様式から生まれるくらし方の変化にも対応し、社会全体のコミュニケーション手法の変化や、多様化している価値観の変化を確実に捉えて、私たちが提供する商品とのベストミックスを見つけてまいります。

このように、今後も「Life-styling×経年優化」にお応えするための体制を整え、商品メニューの拡充や、新たなビジネス領域の強化を図っていきます。

また、私たちは10年、20年後も安全・安心で快適なすまいとくらしを提供することこそ真の価値ある品質と捉え、ご契約以降の日々のくらしを豊かにするサポートサービス「三井のすまいLOOP」の拡充と質的強化に注力するとともに、中央区晴海・江東区豊洲などの湾岸エリアにおける地域活性化プロジェクト「WANGAN ACTION」など、コミュニティ形成支援についても積極的に取り組んでまいります。

今後、コーポレートステートメントにある「すまいとくらしの未来へ」を実現するため、ビジネスを革新する意識を持って行動することが必要になると考えておりますので、常に感性を磨き、ビジネス革新に臨みたいと思います。

引き続きグループ長期経営方針「VISION 2025」を実現すべく、三井不動産グループ住宅事業の中核企業として、グループの総合力を発揮していくための仕組みや体制づくり、今後の社会では必須の取組みとなるESG経営、特にカーボンニュートラルの推進に取り組んでいきます。そして、ライフスタイルの変化をいち早くとらえ、お客様のニーズにお応えする「すまいとくらし」を創造し、皆様に満足と感動をお届けする商品・サービスを提供できるよう尽力してまいります。

三井不動産レジデンシャル株式会社
代表取締役社長
嘉村 徹

ページの先頭に戻るPAGE TOP