ごあいさつ

代表取締役社長 藤林 清隆

私たち三井不動産レジデンシャルは、今日の新築住宅分譲事業のスタンダードを築いてきた三井不動産の「すまい」や「街づくり」の精神とグループで持つ圧倒的な顧客ストックといった、住宅事業を進めていく上で必要となる経営資源の全てを集約することでの総合力を有した事業会社です。

主力事業である新築住宅分譲事業においては、お客様を起点とした製販管一体でのバリューチェーンによるビジネスモデルを構築することで、お客様のニーズをダイレク卜に用地取得や商品企画に反映し、多様化するお客様の声にきめ細かくお応えします。さらに賃貸住宅事業において、三井不動産レジデンシャルは2015年10月に新築住宅分譲事業と三井不動産の賃貸住宅事業を統合したほか、2016年4月には「三井不動産住宅リース」が「三井不動産レジデンシャルリース」に社名を改称しグループの一員となりました。社会は今後も少子高齢化・少世帯化の進展、女性の社会進出加速や環境に配慮したスマートシティの街づくり等、ますます多様化、成熟化していきます。社会構造や人口構造、価値観の変化に積極的にチャレンジしていくことで、分譲・賃貸の複合した街づくり等、商品企画のバリエーションを拡げ、安心安全な都市生活や豊かなくらしにつながる多彩なサービスを提供してまいります。

私たちは、10年、20年後も安心をお届けするすまいであり続けることや、そこにくらす人々に感動を与えられることが真の価値ある品質と考え、すまいとくらしのサポートサービス「三井のすまいLOOP」の拡充・質的向上に力を注いでいます。ご入居後の快適なコミュニティづくりをサポー卜するすまいづくりはもとより、ライフステージの変化に合わせたサービスを三井不動産グループの総合力でサポー卜してまいります。また、豊洲・勝どき等湾岸エリアの地域活性化プロジェク卜「WANGAN ACTION」でのすまいとくらしに愛着を育む取り組みをはじめ、三井不動産グループの一員として東京の街づくりにも一層寄与してまいります。私たちは三井不動産グループ中長期経営計画である「イノベーション2017」を実践すべく、引き続き時代の変化を先取りし、多様性・変革に応える「すまいとくらし」を創造し続けながら皆さまに商品・サービスをご提供してまいります。

すまいとくらしの未来へ―

「すまいとくらしのベストパートナー」として、引き続き新たなチャレンジを積極的に続ける三井不動産レジデンシャルにご期待ください。そして皆様の変わらぬご支援とご高配を引き続き賜りますよう心よりお願い申しあげます。

三井不動産レジデンシャル株式会社
代表取締役社長
藤林 清隆

ページの先頭に戻るPAGE TOP