マンション内流通システムの構築
宅配物の増加・再配達の問題に対応する新たな機器を導入

2018.04.16

三井不動産レジデンシャル株式会社、丸紅株式会社は、パナソニック株式会社エコソリューションズ社、株式会社フルタイムシステムの協力により、配達効率を向上させるマンション内物流システムを構築し、現在建設中の分譲マンション「ザ・タワー横浜北仲」(2020年2月下旬竣工予定)において導入することを決定いたしました。

■配達効率を向上させる「マンション内物流システム」の3つの施策
【1】 宅配スタッフがマンション共用部に常駐し、複数の宅配事業者からの荷物を集約することで、
          各住戸へ複数の荷物をまとめて配達、受け取りが可能。
【2】 インターホンシステムを改良し、宅配スタッフの携帯電話から各住戸内のインターホンに
          直接連絡できるようにすることで、在宅確認から訪問までにかかる時間を短縮。
【3】 宅配ボックスを改良し、荷物が入っているボックスに追加で入庫できるようにすることで、
          ボックススペースを効率的に利用し、宅配ボックス満杯による再配達を減らすことが可能。

今回「ザ・タワー横浜北仲」で導入するマンション内物流システムは、今後三井不動産レジデンシャル株式会社が分譲する新築大規模マンションへの展開を検討していきます。また、【2】【3】の施策は単独でも採用することができるため、各物件の特性に合わせて検討することが可能です。なお、宅配スタッフがマンション共用部に常駐し、【2】【3】記載の宅配ボックスやインターホンの機能を活用して、効率的に宅配を行う取り組みは、マンションにおいて初めてとなります。

ページの先頭に戻る PAGE TOP]