「経年優化」という住まいづくり思想 私たち、三井不動産レジデンシャルは、『経年優化』をキーワードに、時の経過と共に価値が深まる、そんな住まいづくりを行なっています。
“経年優化 ” 時の経過とともに、木々は育ち、人々に安らぎを与え、人と人、人と自然のつながりを生み、温もりのある豊かな環境をつくります。その土地の木、緑、自然といった財産を次の世代に受け継ぐことで、より味わいのある街へと成熟させていきます。景観・人・コミュニティを含めた住まいづくりから、時を超えて豊かさを深める暮らし。「経年優化」の住まいづくりを進めています。
 <経年優化するマンションの一例> 「三田綱町パーク・マンション」1971年竣工