建替えの流れ 検討開始から完成までを段階ごとに計画をたてていきます。マンションごとに検討の流れ・内容は多少異なりますので、皆様のご要望を伺いながら、そのマンションに適した進め方を検討していきます。

建替えの流れ

建替え事業では、定期的に、検討内容に関する説明会を開催し、意見交換を行ないながら建替え計画を作成していきます。意見交換を繰り返し行うことにより、マンションごとに特有な課題を解決し、多数の方が賛同できる事業をつくっていきます。
ここでは、マンション建替え円滑化法による場合の建替えの流れについて解説します。

  • 1 検討体制の整理・勉強会の開催
  • 2 建替え計画案の作成
  • 3 建替え決議・建替え組合の設立
  • 4 権利変換計画
  • 5 建物の解体、工事、再入居

1 検討体制の整理・勉強会の開催

  • 建替えの専門的な検討に必要なアドバイザーの選定
  • 検討内容、スケジュールの決定、将来のマンションの目標像の決定
  • 建替えに関する勉強会の実施
Q 建替え事業は検討開始からどれくらい期間がかかりますか?
各マンションの状況により大きく異なりますが、数年単位での事業期間を要します。
Q 三井不動産レジデンシャルではどんなサポートをしてくれますか?
三井不動産レジデンシャルでは初期検討のお手伝いを無償で行います。皆様のご要望と市場ニーズに即した付加価値の高い建物プランを提案、適切な資金計画の立案、合意形成のお手伝いなどを通して、皆様の負担を減らすよう最大限のサポートを行っています。

2 建替え計画案の作成

  • 建替えにかかる費用、費用負担の方法、建物の設計などの検討
  • 個別面談、区分所有者の皆様のご意向を計画案へ反映
  • 建替え計画案の策定
Q 経済的負担が心配なのですが、建替えはどの位費用がかかりますか?
物件によって、かかる費用は異なりますが、多くの場合、皆様の経済的負担を減らすために、
建替え後に皆様が取得する住戸以外の部分を売却することで、建替えに必要な費用を賄う仕組みをとっています。

3 建替え決議・建替組合の設立

  • 建替え計画案を総会に諮り、建替え決議を実施
  • 法人格を有するマンション建替組合を設立
Q 高齢なため、資金や仮住まいに不安がありますが、どうしたらいいですか?
資金面や仮住まいなどのご相談は個別面談を重ねて、不安が解消できるまで対応するようにしています。

4 権利変換計画

権利変換とは、現在のマンションから新しいマンションに権利が置き換えられることです。

  • 建替え後のマンションのどの住戸を取得するか計画をたてる(個別面談)
Q 権利変換によって、今の抵当権はどうなりますか?
マンション建替え円滑化法では、抵当権者の同意があれば新しいマンションに抵当権を付け替えることができます。
借入金の精算は必要ありません。

5 建物の解体、工事、再入居

  • 建替え期間中の仮住まい
  • 再入居の際には引越しの手配、インテリア相談などサポート
  • ご入居後のくらしの充実を三井不動産グループでサポート
Q 建替え期間中の仮住まいはどうしたらよいですか?
賃貸住宅において幅広い実績を持つ三井不動産グループ各社が全面サポートすることで、かかりつけの病院に近い所、
子供の学校に近い所、家族に近い所、職場に近い所などご要望にお応えしています。

ページTOPへ