三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産レジデンシャル株式会社RECRUITNG 2018

社員の声【総合職】

用地(マンション/戸建)

自分の想いをしっかりと持ち
土地に惚れ込む大切さ

品川 有紗

千葉支店 事業企画室
/2004年入社/経済学部

現在の仕事内容を紹介してください。

私の現在の仕事は、マンション開発を行うための用地取得業務です。東京23区全域を担当し、都心ブランド立地の超高級マンションや環境創造型の大規模マンション、コンパクト・ワンルームマンション等、土地のポテンシャルを最大限活かせる企画を考え検討します。
その土地の周辺環境・生活利便・交通利便はどうか、どのような形状・規模の建物が建築可能なのか、建築期間・費用はどれくらいか、実際に施工可能な建設会社はいるのか、需要の多い面積帯・価格帯はどれくらいで適正価格はいくらなのか、いつから販売をして完売までの期間をどう見定めるか、同時期に競合となり得る物件はあるのか、事業を進める上でのリスクはないか等々、精査が必要な項目は多岐に亘りますので専門知識は勿論、自身の営業での経験や社内外の様々なチャネルから得た情報を基に企画検討を進めていきます。
検討を進める上で大切なことは、土地の所有者様がどのような想いをその土地に抱き、どう活かしていきたいのか、土地の所有者様の想いに寄り添うことだと思います。その想いを受け止め、期待を超える提案をするために、ジャンル問わず日々の生活でアンテナを張るよう心掛けています。

仕事の中でいちばん印象に残っている
エピソードといえば?

一番印象に残っているのは、以前検討していた300戸規模のマンション開発用地のことです。大きな土地で、様々な建物形状での企画が可能でしたので、設計会社にも協力していただき何パターンも図面を作成しました。その中で最終的に自分が選んだ企画は無難なもので、社内プレゼン時には「品川の提案には想いを感じない」ととある方に指摘を受け、結果その土地は他社の提案に及ばず取得することができませんでした。実は、自分の中で気になっていた企画があったのですが、その企画で推し進めるだけの強い想いが抱けず断念。その企画を選んでいたからといって取得できたかは定かではありませんが、その企画をなぜもっと突き詰めて検討しなかったのか、大変後悔しました。改めて自分の想いをしっかりと持ち、土地に惚れ込む大切さを感じる案件となりました。

「やりがい」を感じる時や、
「この仕事をしていて良かった」と思う時とは?

取得した土地の事業が進み、徐々に建物が出来上がっていく様を目にするとワクワクします。初めて取得した土地は総戸数34戸のプロジェクトで、「自分が取得した土地にすまいを創り、豊かな暮らしを提供したい」というこの業界を志した当時の想いが僅かではありますが叶おうとしています。このマンションで新たな家族の生活が始まる日が待ち遠しいです。

就職先として「三井不動産レジデンシャル」を
学生にアピールしてください。

私が感じる当社の魅力は、「人」と「企業文化」です。若手から裁量ある仕事が任される風土の下、熱い想いをもった仲間と共に日本の住宅環境をより良いものにしていきませんか。
各企業、働いている人も違えば企業文化も様々ですし、就職活動期間は様々な世代の社会人に会えるまたとない機会です。沢山の人と出会い、あなたの想いを実現できる企業を探してください!!

自己アピール

 2012年に転職して入社以来、自社ブランドマンションの営業と開発用地の取得業務に携わってきました。魅力的な仲間から多くの刺激を受けながら、人間的にも肉体的にも成長を実感する日々を送っています。

プライベートでの楽しみ

 最近の楽しみはテニスです。大学時代にテニスをやっていたのですが、転職を機に再び始めました。定期的に開催されるテニス部の練習会の他、平日の夜や週末に友人や同僚とテニスを楽しんでいます。当社グループのテニス部は、トップリーグの日本リーグまで勝ち進む程の実力がありながら、練習会では試合に出ている選手がコーチとなり和気藹々とテニスをし、その後皆で美味しい食事と共に楽しく飲んでいます。バスをチャーターして試合の応援へ行き、初心者もテニスをよく知らない人も一緒に選手に熱い声援を送ったりも。少しでも興味がある方は是非一緒にテニスをしましょう!飲み会・応援だけでもウエルカムです!!