三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産レジデンシャル株式会社RECRUITNG 2018

社員の声【総合職】

用地(マンション・戸建)

三井不動産レジデンシャルとして
その土地で何ができるのかを提案

廣瀬 俊輔

横浜支店 事業企画室(※現在は総務部 総務グループ)/
2012年入社/人間総合科学研究科

現在の仕事内容を紹介してください。

私が所属しているのは「事業企画室」という部署で、開発分譲事業を行うための土地(用地)を取得する仕事をしています。横浜支店では、マンション用地も戸建用地も同じ部署で扱うため、マンションに関する知識と、戸建住宅に関する知識の両方が求められます。具体的な業務の内容ですが、まずは土地の売却情報を様々な情報ルートから収集します。次に、収集した土地情報を精査していきます。その土地にどれくらいの規模のマンションや戸建が建てられるのか?販売価格は?建築コストは?等々の要因について「開発」「営業」等の社内の方々や「設計会社」「ゼネコン」等の社外の方も含めた多くの関係者とコミュニケーションを図りながらその土地のポテンシャルを見極めていきます。そして、所有者の方や土地を紹介してくださった方に対して三井不動産レジデンシャルとしてその土地で何ができるのかを提案していきます。そういった業務を行う際には、マーケット分析力、法的な規制についての理解や建築に関する専門知識など、様々な分野に精通している必要があり、勉強も欠かせません。また、社内外多くの方と関わるので、そういった方々に信頼されるためには普段からどのように行動しなければならないかを考える必要があります。住宅開発分譲事業の根幹部分にあたる仕事なので大変ですが、やり遂げたときの達成感は非常に大きく、とてもやりがいのある仕事であると感じています。

仕事の中でいちばん印象に残っている
エピソードといえば?

担当として初めて用地取得に至ったときです。用地取得は容易ではなく、入社1年目の時はとにかく様々なところへ営業に行きましたが、知識や経験も浅く、1件も取得できずに1年が過ぎました。2年目になり、少しずつ仕事にも慣れ、念願叶って用地を取得することができました。どうやったらこの土地に最適なすまいを生み出すことができるのかを自分なりに考え、社内外の様々な方の意見を参考にしながら、事業性を検討している時は、本当に胸が躍りました。しかし、用地取得に至ったのは決して私一人の力ではありません。適切なアドバイスをくれる先輩や、会社の看板のおかげでもありました。そういった立場に甘んずることなく、「三井」ではなく、「廣瀬」に土地を紹介していただけるようになることが目標です。

「やりがい」を感じる時や、
「この仕事をしていて良かった」と思う時とは?

本当に自分の力で土地を取得し、すまいが建ち、そこでお客様のすまいやくらしを見ることができた時に初めて「やりがい」が感じることができます。自分で用地取得したときは、何もなかった土地に「すまい」が建ち、お客様の「くらし」を見ることができたときには、それまでの苦労も忘れてしまうほど感動しました。
また、毎日の仕事の中で強く感じるのは、目に見えるもの、唯一無二のものを扱う仕事だということです。同じ土地は一つとしてありません。計画するすまいに正解というものもありません。担当者一人一人によってそこに生まれるものは違います。そのため、自分たちの仕事がいかに大切かということを日々感じながら業務にあたっています。

就職先として「三井不動産レジデンシャル」を
学生にアピールしてください。

まずは、若手から仕事を任せてもらえるということです。自分で考えて行動しなければ本当に何も始まりません。そういった雰囲気に武者震いを覚えるような学生のみなさんには絶好の舞台です!!そして、忘れてはいけないのはそれを支えてくれる素晴らしい諸先輩方の存在です。そのような先輩方のフォローや指導があるからこそ、全力で働くことができるのだと思います。

自己アピール

横浜支店に配属されて5年目になりました。プライベートでは、子どもも生まれ、イクメンとしても、三井の用地担当としても恥ずかしくないように日々奮闘中です。責任ある仕事を任される分、大変なこともありますが、そんな時は優しい同僚とお酒を飲んでストレスを発散しています。そんな時にいいアイディアが浮かんでくることもしばしば…笑。

プライベートでの楽しみ

ぶらり横浜散策です。元々横浜には縁も所縁もありませんでした。そのため、配属当初は駅の名前も知らないという状態だったので、休日のたびに東京から散歩がてら横浜へ出向いて、ぷらぷら散歩をしながらその街のおいしいものを食べたりしていました。情報誌には載っていない美味しいお店も横浜にはたくさんあるので、とても楽しいです。最近は、嫁、子どもと3人で街を歩きながら、公園に遊びにいったり、ふらっとカフェに入ってのんびりしています。平日は、しっかりとした時間スケジュールの中で動いているので、休日は、時間に縛られず、のんびりと過ごすことが多いです。
また、長期休暇のときには、必ずといっていいほど旅行に行きます(子どもが生まれてからは、国内が多いですが。。笑)。写真はハワイに行った際のものです。国内外問わず色々な街を見て、現地の人々と触れ合うことでとても良い気分転換になっています。