三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産レジデンシャル株式会社RECRUITNG 2018

社員の声【総合職】

営業(マンション)

「営業」という一言では表せない
仕事にチャレンジができる

樋本 有紀恵

都市開発一部 営業室/2005年入社/経済学部経済学科

現在の仕事内容を紹介してください。

都心エリアのマンションの営業業務に携わっていいます。 
プロジェクトの魅力を最大化させるために、プロジェクトを担当する開発チームと共にマーケット調査やターゲット層へのインタビューなどを行い、お客様のニーズに合致し、物件の魅力が最大限となるような企画を考えます。また、お客様へのプレゼン空間となるモデルルームの空間づくり、広告のビジュアル選定、併せて販売計画・広告展開の立案などを行っています。プロジェクトが変わればその物件の魅力を最大化させるためのアイデアも戦略も変わり、いつも新しい経験ができる仕事だと思います。

仕事の中でいちばん印象に残っている
エピソードといえば?

昨年携わっていたプロジェクトで、お客様から「樋本さんじゃなかったら絶対に買ってなかったよ」と言っていただけたことです。単にお部屋をご購入いただくだけでなく、お客様のご希望に合わせた間取りの設計変更を伴う商談でした。お客様の思いを汲み取り、形にするために社内外の関係者と何度も打ち合わせを重ね、お客様の希望通りのものが出来上がったときには「きっと自分だからこそできた仕事だ」と実感できる瞬間でした。本来の「営業」という業務の枠を超えるのですが、苦労した分自分自身の知識も増え、お客さまからの信頼も増え、そしてお客様から大切な一言をいただけたことが印象に残っています。

「やりがい」を感じる時や、
「この仕事をしていて良かった」と思う時とは?

多岐にわたる仕事が魅力です。お客様を接客するだけではなく、モデルルームや広告を作ったり、営業・広告戦略を考えたり、集客イベントを企画したり、「営業」という一言では表せない仕事にチャレンジができます。会社として目指すゴールは一つですが、そのプロセスでいろんなことにチャレンジができ、そのプロセス実現のために多くの関係者と共に力を合わせて働いていけるところが刺激になります。

就職先として「三井不動産レジデンシャル」を
学生にアピールしてください。

他社で働く友人と仕事の話をしていても、仕事内容の満足度だけでなく、自分は一緒に働く人やその環境に恵まれているなと感じることが多々あります。経験の多い少ないは関係なく、自分なりの意見を求めてくれ、やりたいことや新しいことにどんどん取り組ませてくれる風土がこの会社には根付いていると思います。

自己アピール

「仕事も楽しく、遊びも楽しく」をモットーに楽しい毎日を過ごしています。

プライベートでの楽しみ

旅行に行くのが何よりの楽しみです。夏休み・冬休みには2週間程の休暇があり、モロッコやアジア各国へ長期の海外旅行に出掛けたり、社内のダイビング部のメンバーと三宅島や伊豆大島に行き、ダイビングやドルフィンスイムを楽しんだりしました。
学生時代から休暇の度に欧米・アジアを旅していましたが、社会人になっても同じ趣味を続けることができています。日常を忘れて思い切りリフレッシュし、仕事のヒントにもなる新しい発見ができる貴重な機会となっています。