三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産レジデンシャル株式会社RECRUITNG 2018

社員の声【一般職】

やる気次第で色々知識を
得ながら成長できる部署

末永 幸乃

企画経理部 経理グループ/2014年入社/文学部歴史社会学科

現在の仕事内容を紹介してください。

日々の業務では、担当している3つの部署で発生する入出金の伝票チェックをスケジュールに沿って行っています。1ヶ月に数回の支払日があり、それぞれに伝票処理の締め切りがあるので、それに間に合うようにチェックをして承認をもらいます。また四半期ごとにある決算業務も行っています。会社の支出と収入、資産と負債を計算する業務です。どんな会社でも必ずお金が動き、それに伴って収益が増減します。お金の流れに携わる経理業務は決して派手な仕事ではないですが、小さなミスが担当部署や関係会社に多大な迷惑をかけてしまうことにも繋がってしまうため、ミスは許されず、無くてはならない業務だと感じています。2年目の私にも担当がありますので、責任感を持って日々業務に取り組んでいます。経理知識は日々仕事をする中で少しずつ理解が深まり、またそれを活かす機会が多いため、やる気次第で様々な知識を得ながら成長できる部署だと思います。

仕事の中でいちばん印象に残っている
エピソードといえば?

先輩から様々なことを学んだ新入社員を卒業し、2年目になって初めての決算が印象に残っています。新入社員の時は先輩が業務を教えながら様々なフォローをしてくれていましたが、2年目になり全て一人で仕事を進めていくことに大きな不安がありました。しかしその不安や緊張感からか、それまでと比べ仕事の進め方がより丁寧になり、自分の頭で考えることも多くなり、少しずつではありますが成長を感じられることもありました。また、2年目になったからと言って急に独り立ちするのではなく、先輩方が声をかけて励ましてくれたり、時間を割いて丁寧に教えてくれたりしたので、どんな状況でも自分のできることを精一杯やろうと前向きな姿勢で仕事に取り組むことができるようになりました。決算が終わった時の達成感はとても気持ち良かったです。

「やりがい」を感じる時や、
「この仕事をしていて良かった」と思う時とは?

少しずつ自分のできる業務が増えていくことを実感できるときです。2年目になり日常業務はある程度慣れたつもりでいましたが、まだまだ知らないこと、わかっていないことも多く、日々新しい知識が一つひとつ増えていくことを楽しく思います。また、新しい業務を教えてもらえることで、少しずつではありますが自分なりに成長を実感し、それが日々のモチベーションになっています。経理の仕事は直接お客様にお会いすることはありませんが、完成した物件を見ると、間接的であっても大規模な事業に関わることができていると感じ、嬉しく思います。

就職先として「三井不動産レジデンシャル」を
学生にアピールしてください。

私が三井不動産レジデンシャルに入社したいと思ったのは、セミナーや面接で出会った社員の方々の人柄に惹かれたことがきっかけでした。実際に入社してみてからも、一人ひとりを大切にしてくれる温かい職場だと感じています。 ぜひ様々な場面で社員の雰囲気に触れてみてください!

自己アピール

学生時代はゼミ、アルバイト、映画サークルの活動などをしながら、マイペースにのんびりと過ごしていました。入社してから約2年経った今、仕事にも環境にも慣れ、オンオフをハッキリさせながら充実した日々を送っております。素敵な先輩方や楽しい同期に囲まれて毎日楽しいです。何事も笑顔で乗り切ります!

プライベートでの楽しみ

入社当初は慣れない社会人生活の中でうまく休日を過ごすことができずにいましたが、最近は学生時代の友人や会社の同期と出かけたり旅行したりとオンオフをハッキリさせながら充実した日々を送っています。初めて訪れる街をぶらぶらと歩くのが好きで、先日は友人と駒込周辺を散策し、六義園に行ってきました。真冬の寒い日だったので、桜も紅葉もありませんが、ゆっくりと時間が流れる静かなところで、落ち着いた休日を過ごすことができました。