三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産レジデンシャル株式会社RECRUITNG 2018

社員の声【一般職】

自分の会社の商品を
自信をもって語れる誇り

坂梨 友美

事務管理室 事務グループ/2012年入社/経済学部経営学科

現在の仕事内容を紹介してください。

事務管理室事務グループは東京都内・さいたまエリアの分譲マンションの開発、営業の事務処理を担う部署です。物件にはジョイントベンチャーといって複数の会社と共同で事業を進めるものや、建築中に販売開始をするもの、竣工してから販売開始をするもの、千戸以上の大規模もの、数十戸の小規模ものといったその物件ならではの特色があり、それによって事業スケジュールや事務処理の仕方が異なるので柔軟に対応することが求められます。マンションの開発や販売をするためには沢山の取引先や行政と書面を取り交わし金銭の授受が行われます。契約書や受発注書などの重要度の高い書類が多数取り交わされ、その管理にはミスがあってはならないのでとても気を使います。また建築工事費などの巨額な支払から交通費など日常的な支払いまで種々雑多な入出金が発生します。金額の多少に係らず金銭の授受については契約書や帳票との突き合わせをして一つずつ確認しながらの伝票起票となるので緊張感を持って取り組んでいます。何よりも開発担当や営業担当と密に連絡を取り合うことが重要なので迅速かつ漏れのない事務処理を行えるよう心がけています。

仕事の中でいちばん印象に残っている
エピソードといえば?

担当している物件が竣工した時です。事務管理室では1人、6~7物件の事務処理を担当しています。物件を創っていくのは開発担当、モデルルームでお客様に販売するのは営業担当なので裏方でサポートする私たちは契約書や請求書など書面を通してしか物件を見ることができません。もちろんモデルルームを見に行ったり竣工イメージ図などを見ることはできますが、やはり実物を見た時の興奮感とは比べ物になりません。書面で見てきたもの全てが竣工されたマンションに組み込まれているので、初めて点と点が線でつながれたようなそんな感覚が味わえます。

「やりがい」を感じる時や、
「この仕事をしていて良かった」と思う時とは?

入社して5年目になりますが異動を経験して新人の時同様初めての業務の連続でした。当たり前ではありますがブラザー・シスター制度があった新人の頃のように先輩社員がつききりで指導してくれることも望めず、わからないことの連続で呆然とすることも多々ありました。周囲の方々のサポートもあり、今まで知らなかった事をこなせるようになる自分を実感できます。また、スケジュール通りに動く仕事ではないので日々の突発的な業務に対応しつつルーティンをこなすためには効率の良さや段取りの巧さを求められるので一日の仕事を終えた時は充実感があります。

就職先として「三井不動産レジデンシャル」を
学生にアピールしてください。

良質な住居を提供している会社です。何年も前に建てられた物件でも入居希望者が後を絶たない、そんな物件が多く見受けられます。立地だけでなく細かい品質管理規定があるなど三井ブランドの信頼があるからこそではないかと思います。自分の会社の商品を自信をもって語れるところに誇りを感じます。

自己アピール

入社して5年目に経理グループから現在の事務管理室に異動になりました。経理は会社の全体をお金の流れから見ることが出来る部署なので、その経験は貴重なものだったと思います。現在の部署はマンション造りの現場により近い仕事なので、経理での経験を生かしつつ新たな事を学び日々奮闘しています。

プライベートでの楽しみ

仕事後は会社の先輩後輩社員とよく飲みに行きます。土日はたっぷり寝て、一人で美術館へ行ったり友達とランチに行ったりしてのんびり過ごします。長期休暇がとれるタイミングでは海外旅行に行くことが多いです。古い建物が好きなので最近ではヨーロッパへ行くことが多く、ひたすらにアパルトマン街を歩きます。古い教会の中でぼーっと座っているだけでとても素敵な気持ちになりリフレッシュできます。次の休暇はどこに行こうか考えると仕事もより一層頑張れます!