三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産レジデンシャル株式会社RECRUITNG 2019

社員の声【一般職】

責任ある業務を受け持つ際の気持ちと
モチベーション

川田 真理子

企画経理部 経理グループ/2016年入社/現代心理学部 心理学科

現在の仕事内容を紹介してください。

日常業務では主に、請求書や契約書を元に正しく伝票が処理されているかのチェックを行っています。4つの担当部門を持ち、各部門の庶務の方、経理総合職とのコミュニケーションを大切にしながら業務にあたっています。また、四半期ごとに収入・支出から利益や損失を計算する決算業務も行っています。経理の仕事は表立ったものではないですが、一つ一つの処理が大きな事業に繋がっているため、ミスは許されない、なくてはならない大切な業務です。土地取得から販売にかかる費用まで、一通りの事業の流れを伝票処理を通して見ることができるのは経理の面白さだと感じています。

仕事の中でいちばん印象に残っている
エピソードといえば?

1年目の決算資料作成です。四半期決算ごとに会社の成績を表す資料を作成することも一般職の業務の一つなのですが、1年目で初めて一人で担当になった資料作成が当時の私には難しく、とても苦戦していました。ですが、経理部は分からないことはいつでも周囲に確認できる環境があり、心配して声をかけてくださる先輩も多くいらっしゃいます。時間はかかりましたが先輩方のフォローもあって資料を仕上げることができ、その時感じた達成感は今でも覚えています。若手一般職にも責任のある担当業務を持たせていただけることは有難いことですし、気が引き締まると共にモチベーションにも繋がっています。

「やりがい」を感じる時や、
「この仕事をしていて良かった」と思う時とは?

分かることやできる業務の幅が広がっていくことです。配属から1年間は先輩社員とペアで業務を進めていたため安心感がありましたが、2年目以降、周りの先輩方と同じ働きが一人でできるかとても不安に思っていました。独り立ちしてからはそれまで以上に一つひとつの業務に慎重になり、様々なケースに自力で対応していく中で徐々に自身の知識が増えていることが感じられ、また、任される仕事が増えていくことにやりがいを感じています。
街中で自社物件を見つけた際は少しでも自分が携われたことを誇りに思いますし、自分の地元での事業が決まった際はとても嬉しく、単純ではありますが、この会社に入社して良かったと感じました。地元のプロジェクトの竣工が今からとても楽しみです。

就職先として「三井不動産レジデンシャル」を
学生にアピールしてください。

私はこの会社の商品と、セミナーや面接を通して出会った社員の方々の人柄に魅力を感じ入社を決めました。学生時代憧れていた「街づくり」という大きな事業に携われていることを誇りに思っています。尊敬できる優しい先輩方に囲まれ、充実した毎日を送っています。

自己アピール

入社2年目の今、学ぶことはまだまだ沢山ありますが仕事の上での自分のペースをつかめるようになってきました。和やかな雰囲気の経理部は居心地がよく、周りの方々に支えられながら毎日楽しく仕事をしています!

プライベートでの楽しみ

平日の夜は学生時代の友人とご飯に行ったりジムで運動したりと、仕事後もとても充実しています。休日もアクティブに過ごすことが好きなので、長期休みや土日をつかって旅行に行くことも楽しみの一つです。年に一回は必ず海外旅行に行くことを目標にしています!プライベートの楽しみを沢山つくることで、仕事も更に頑張ろうという気持ちになれているように思います。