メニュー
不動産投資委託(REIT) | 三井不動産レジデンシャル 不動産投資委託(REIT) | 三井不動産レジデンシャル

不動産投資信託(REIT)

不動産投資信託(REIT)

不動産投資信託(REIT)

不動産投資信託とは、投資会社から出資を募り、不動産への投資を行い利回りを最大化させることです。

不動産への投資は、他の投資対象に比べ高額なため、投資のハードルは高くなりがちです。
そのハードルを解消するため、出資額を低く抑え、リスクを分散させる仕組みの一つが「REIT」とよばれるものです。

まず、不動産投資運用会社は出資を行う会社や個人に対して、利回りや投資計画を説明して出資を募ります。
この計画に賛同した出資者が出資し、ここで出資した金額によって、利益が出た時の配当の割合が決まります。

このように集めたお金や銀行などから借り入れしたお金を資本金として投資事業を進めていきます。

#

集めた資本金を使い、投資対象であるビルやマンションなどの不動産を購入します。
その後、不動産流通会社や不動産運営管理会社の協力を得て個人へ貸し出したり、テナント誘致等を行い投資対象の価値を高めていきます。
この不動産の居住者やテナントから賃料収入を得たり、不動産を売却したりして利益を生み出します。
そして、生み出した利益は出資割合に応じて、各出資者に配当を分配していきます。
このような一連の流れで不動産投資信託は進められていきます。

不動産業界の仕事

不動産業界の仕事

不動産業界の仕事

このように不動産業界の仕事は、同じ業界内の仕事であっても様々な事業形態でプロジェクトを行っています。
しかし、どの仕事であってもその中心には不動産が常にあり、人々のくらしを豊かにするという使命をもって事業を行っているのです。

TOPへ戻る