三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産レジデンシャル株式会社RECRUITNG 2018

新入社員インタビュー

「人を笑顔にする仕事がしたい」
そんな想いでこの仕事を選択
自分が手がけたすまいから
いくつもの笑顔を生み出したい

平野 太一 神奈川県出身/法学部 法律学科

入社動機は?

就職活動に臨む上でのテーマは「人を笑顔にする仕事」。
生涯の中で多くの時間を占める仕事だけに、常に高いモチベーションを抱けるような仕事がしたい。自分にとっては「人を笑顔にする」ことこそが、そうしたモチベーション維持に繋がると思いました。数ある企業の中で三井不動産レジデンシャルを選んだのは、「すまいは常に人と密に接する空間であり、そこから笑顔が生まれていくから」。そういった点で「すまい」を起点に街づくりへと発展させていけるデベロッパーの仕事は、自分の理想に近い仕事だと思いました。そこで実際に三井不動産レジデンシャルが展開するプロジェクトの一つである東京の湾岸地区を活性化するプロジェクト「WANGAN ACTION」を見学し、ハード面だけでなくソフト面からも街を活性化させていくコンセプトを目の当たりにした時、「自分もこんなことがやってみたい!」と大きな夢を感じましたね。

入社してやってみたいことは?

仕事をしていく中で「自分が理想とする街づくり」を模索し、いつかそれを実現したいと思っているので、まずは一つでも多くの経験を積み重ねることが重要だと思っています。よって営業、用地、開発どんな仕事でも大歓迎。むしろ「自分が理想とする街づくり」を高いレベルで実現するには、じっくりと時間をかけてすべての部署の仕事を経験することが不可欠だと考えています。
現時点では、まだ「自分が理想とする街づくり」の具体像は見えていません。ただ、人と人が触れ合う機会が豊富にあり、そうした触れ合いの中から温もりあるコミニュティが形成され、これまでは他人だった人同士が家族的な絆で結ばれるような「街」を創ってみたいですね。私は大学在学中、ラクロスに明け暮れたほどの根っからのスポーツ好きなので、人と人のコミュニケーションを促進する一つの方法として、「スポーツ」の要素を採り入れてみたいとも思っています。夢は尽きることがありません。

就職活動を振り返って
学生にメッセージを!

就職活動に際しては、デベロッパーという分野で仕事をする、ということは決めていたものの、どの会社に就職するかについてはいくつかの候補で迷いました。その中で三井不動産レジデンシャルに決めた理由は、先輩社員と間近で接して話を聞くことができる「2m以内で社員の声を聞くセミナー」というユニークなイベントがあり、そこで先輩社員の方がフランクに接してくれたことが一つのきっかけとなっています。そこでは様々な社員の方から仕事の魅力を直に聞けることはもちろん、こちらの質問にも真摯に答えてくれ、近い将来、自分が三井不動産レジデンシャルで働く姿をかなり具体的にイメージすることができました。この記事をお読みになっているみなさんも、ぜひそういったイベントを積極的に利用してみてください。多くの社員に会うことによって、文面だけの情報では見えてこない、その会社の本当の魅力が見えてくるようになるはずです。

Personal note

子供の頃からサッカーをやっていたのですがあまり結果を出すことが出来ず、どこか納得の行かないモヤモヤとした気持ちが心に残っていました。大学では悔いの無いよう努力しながらスポーツに取り組みたいと思いラクロス部へ入部。ラクロスをプレーする人間の多くは大学からのスタートなので、努力次第では結果が出せるのではないかと考えました。その中で私は選手に加え、主務としてチーム運営も併せて担当。さらに部員の勧誘担当なども担い、一度に50名もの1年生メンバーを招き入れ、チーム強化を実現することができました。プレイングマネージャーとして全力でラクロスと向き合い、チーム強化なども含め愛する母校のラクロス部の未来の体制づくりにも貢献できた経験は非常に充実したものであり、同時に大きな満足を感じています。