三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産レジデンシャル株式会社RECRUITNG 2019

内定者インタビュー

街づくりに関わるすべてのことを経験したい
それを実現できるのが
三井不動産レジデンシャルという会社
私の新たな挑戦、はじまります

木村 優子 埼玉県/教育学部 複合文化学科

志望動機は?

子供の頃からテニスをやっており、中学からテニスクラブでより本格的な指導を受けるため、実家のある埼玉県から千葉県へと引っ越したことがデベロッパーに興味を持ったきっかけです。引っ越し先は東京のベッドタウンとして急速に発展を遂げつつある街で、公共交通機関や商業施設、医療機関等が充実しておりとても住みやすい街でした。そこでの生活から「街づくり」に強い興味を抱くようになり、就活においてもデベロッパー、特に住宅に強い会社に絞って企業訪問を行いました。数あるデベロッパーの中で三井不動産レジデンシャルを選んだのは、住み続けることで価値が増していく「経年優化」という理念に強く共感した部分はもちろん、企業訪問で接した社員の方たちが、異口同音に「また就活をやり直せたとしても、またこの会社に入社したい」と語っていたことが大きいです。それほど仕事が楽しく、持てる情熱すべてをぶつけられる会社だとお話してくださったことで、ぜひ、私もこの会社の一員になりたいと強く感じました。

入社してやってみたいことは?

私の場合、とにかく「街づくりに関わるすべてのことを経験したい」という思いが強く、営業、用地、開発すべてを一通り経験し、その中から本当に自分がやりがいを感じられ、パフォーマンスを発揮できる仕事と巡り会いたいと思っています。よって「いかなる仕事も拒まず挑戦する」という姿勢で仕事と向き合いたいですね。幸いなことに三井不動産レジデンシャルには、ジョブローテション制度があり、街づくりに関する多くの経験が積めるこの上ない環境があるので、ぜひともそれを利用し、街づくりの真髄に迫っていきたいと思っています。
小学校の時から大学までテニスを続けてきたこともあり、その中で培った芯の強さと、協調性が私の持ち味。デベロッパーという仕事は社内各部署はもちろん建設会社はじめさまざまな役割の人々と協力し合う仕事ゆえ、ぜひ、そんな持ち味を活かし、街づくりに取り組んで行きたいですね。

就職活動を振り返って
学生にメッセージを!

就職活動にあたっては「明確な動機」を持つこと。それが私から皆さんへのメッセージです。業界や企業選びをする上で、明確な動機があれば自然と進むべき道は見えてくるもの。私の場合では言えば、冒頭で述べた「中学時代の引っ越しによる都市機能の再発見」が強い動機となり、自然と「デベロッパー」という道が見えてきました。それゆえ他の業界には一切に目もくれず、ほぼ一直線にこの業界と出会うことができました。なので、ぜひみなさんも就活に臨むにあたっては動機形成という部分を大切にしてほしいと思います。そして“動機”は、必ずしも幼少期の原体験である必要はなく、学生生活や就活を送る中で出会った人や仕事から影響を受けることも立派な動機形成につながります。そうした動機がみなさんの“軸”となり、とかく迷いの多い就活をより有意義に進める羅針盤ともなり得る――ぜひ、そんな動機を大切にしてみてください。

Personal note

小中高とテニスを続けてきて、大学もスポーツ推薦でテニスの強豪校へと進学。そのテニス部では副将として、チームをけん引する役割を担っています。少々手前味噌になりますが、このテニス部は全国大会11連覇中という強豪チーム。そのチームを副将という立場で引っ張り、連覇記録を更新していかなければならないのですから、正直な話、プレッシャーは非常に大きなものがありますね。
テニスの強豪チームゆえ、部員の数も多く、そのパーソナリティはまさに十人十色。そうしたさまざまな人間がいるチームを取りまとめる上で心がけたのは「誰よりも自分が頑張る」こと。練習も部活の準備も運営も率先して誰よりも頑張る――そんな姿を見せていくことで部員一人ひとりがやる気を出し、チームとして一つにまとまっていくことを強く感じました。そんなテニス生活の集大成として、ぜひ、連覇記録を更新したいですね。