三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産レジデンシャル株式会社RECRUITNG 2019

内定者インタビュー

「営業とは“妄想”する仕事」
そんな先輩社員の言葉に強く共感したことで、
まずは営業という仕事から理想のすまい、
そして街づくりを追求していきたい

坂倉 慎哉 三重県/経営学部 会計学科

志望動機は?

幼少期の頃、新興住宅街に引っ越したのですが、その中でだんだんと人が移り始め、結果としてご近所づきあいがはじまり、私自身も多くの友達ができました。そんな「一つの街が生まれ、そこから新たな営みと人生が始まっていく」という過程を目の当たりにしてきたことで住宅や街づくりに強く興味を持ったことがデベロッパーを志した大きな理由です。加えて小中高大とサッカーをやってきたことで「チームで何かを生み出す仕事がしたい」という思いも強く、また、自分の仕事が「形」となって残る点にも大きな魅力を感じましたね。
その中で三井不動産レジデンシャルに決めたのは、インターンシップに参加し、そこで社員の方々が親身に接してくれたことと、企業研究としてこの会社の代表的な“作品”である「パークシティ浜田山」を見学し、そこに私が思い描いていた「住宅を起点に街が形成され、人々の新たな営みが生まれていく」さまを目の当たりにしたことで感動を覚え、入社を決めました。

入社してやってみたいことは?

ズバリ「営業」です。実際にマンションに住まわれるお客さまと一番距離の近い仕事であり、そんなお客さまと接する中で「どんなものが求められているのか」といった“生の声”に直接触れることができる仕事が「営業」だと思います。そうやって常にお客さまに寄り添い、最前線でその声を受け止め、次なる街づくりへとつなげていく――そんな仕事にチャレンジしてみたいです。
幼少期に新興住宅地に引っ越し、そこで街が発展していく様を見てきたことでこの業界へ進むことを決心しましたが、そもそも私自身、実務経験がないことから「理想の街づくり」といったものがまだ見えていません。そういった点でお客さまと接する機会が豊富な営業は、自身の「理想の街づくり」を明確にしていく上でも最適な仕事であり、また、街づくりの起点を担う仕事ということで自身の大きな成長につながる仕事だと確信しています。

就職活動を振り返って
学生にメッセージを!

就活において企業研究を行うにあたり、ぜひとも活用してほしいのが「インターンシップ制度」です。多くの企業がこのインターンシップ制度を導入しており、企業訪問よりもう一歩突っ込んで仕事や企業風土に触れることができます。もちろん三井不動産レジデンシャルもそんなインターンシップ制度を導入している企業であり、かくいう私もそこに参加。そこでは営業の先輩社員に密着し、短期間ながら三井不動産レジデンシャルの仕事の一端に触れることができました。その中で何よりも強く印象に残っているのが「営業は常に妄想する仕事」というその先輩の言葉。「一つのすまいを開発し、お客様に届ける過程では、見えないお客さまを頭の中で思い浮かべ、その人たちが何を求め、何によろこびを感じ笑顔を浮かべるのかといったことをイメージすることが重要」というニュアンスで、デベロッパーという仕事の魅力がこの言葉に凝縮されていると思いましたね。ぜひとも、そんなインターンシップ制度を積極的に活用してほしいと思います。

Personal note

大学では国際経営比較のゼミを専攻しており、その一環として、日本の企業と海外の企業を経営面から比較・分析するというフィールドワークでベトナムへ行く機会がありました。そこで現地の日系企業3社を訪問し、経営戦略はもちろん、組織、ガバナンス、企業風土などさまざまな視点から日本国内企業との比較を実施。そこから浮かび上がってきたのは日本人とベトナム人の国民性の違いによる働き方の相違であり、現地の文化、風習を踏まえたマネジメントの重要性でした。日本の枠組みの中においては常識であり最善の方法だと思われることでも、一つ海を越えればそれが通用しなくなる。そんな一種の国際感覚を学べたことで非常に有意義な経験となりましたね。ぜひ、そこから得た見識を、三井不動産レジデンシャルでの仕事においても活かし、自分なりの持ち味として活かしていきたいと思っています。