未来への取り組み

街に人が集い、出会い、その輪が広がり、日々の暮らしがさらに豊かになっていく。時を重ねることで、より価値を深めていく“経年優化”の住まいづくりのために、私たちは未来への様々な取組みを進めています。

経年優化のコミュニティを考える「サステナブル・コミュニティ研究会」

サステナブル・コミュニティ研究会

マンションコミュニティが活発であることは、安心・安全・快適な住環境につながり、資産価値の向上をもたらします。さらに、そのコミュニティが時間の経過とともに成熟し、次の世代へと受け継がれていくこと。それが、サステナブル・コミュニティ。

「経年優化」を理念とする三井不動産レジデンシャルは、2011年に「サステナブル・コミュニティ研究会」を立上げ、コミュニティ形成の支援活動や調査研究を行っています。

SPECIAL SITE

ご入居後のコミュニティ形成のきっかけをつなぐ「レジデンシャルグリーティング」

ご入居後のコミュニティ形成のきっかけをつなぐ「レジデンシャルグリーティング」

次の世代と共にこれからの住まいを考える「Neighbors Next U26 Project」

次の世代と共にこれからの住まいを考える「Neighbors Next U26 Project」

SPECIAL SITE

“暮らしたい街”を作る取組み「WANGAN ACTION」

“暮らしたい街”を作る取組み「WANGAN ACTION」

SPECIAL SITE

ページの先頭に戻るPAGE TOP

住まいづくり